Home > 商品紹介 > 地養豚

商品紹介

地養豚
地養豚

地養素を与えて育てることにより豚肉特有の生臭さを減少させ、甘みのあるコレステロールの少ない弾力性に富んだ、光沢のある美味しい豚肉をつくりだすことができます。

地養豚とは…

地養豚とは混合飼料地養素を一定期間給餌し、全国地養豚協会が認定した高品質な豚肉です。

 

【特長1】甘味が強くコクがある
地養素に含まれる木酢液中の有機酸は、クエン酸回路を円滑に回転させエネルギーを生み出し、疲労物質である乳酸をできにくくします。その代謝の過程で糖質がブドウ糖に還元され、生体内に蓄積されます。すなわち、健康で活力のある地養豚は甘味が強くなるのです。  
さらに、地養素に含まれる海藻やヨモギには、アミノ酸やミネラルが豊富に含まれており、これらも旨味やコクを感じる大きな要因です。

【特長2】豚肉特有の臭みがなくて食べやすい
豚肉特有の臭みの成分は、アンモニア、アミン類、脂肪酸類であります。地養素中の木酢液は、生体内でこれらの物質を分解するために臭みがなくて食べやすいのです。

【特長3】光沢、弾力性に富み、ジューシーで食べやすい
特長1.でもふれましたようにクエン酸回路が円滑に回転すれば、疲労物質である乳酸はできにくくなり、体質はアルカリ化していき、血液はさらさらとなります。筋肉中のヘモグロビンも多くなり、酸素と結合することで肉色は鮮やかなピンク色になります。   
また、海藻に含まれる粘液多糖類はコンドロイチン硫酸に形を変え細胞と細胞の間にはいりこみ、しっかりと結合させるため、肉のうまみを逃がさず弾力性に富んだジューシーな地養豚となります。

【特長4】コレステロールの少ないヘルシーポーク
コレステロールは生体内で酸として存在しており、体質をアルカリ化することにより減少します。また、海藻中の非吸収粘液多糖類は脂肪、コレステロールを吸着して排出する働きがあります。これらの作用でコレステロールは少ない傾向を示します。

【特長5】アクがでにくい
加熱などのショックにより食材から離脱する物質をアクと呼んでいます。料理の味を著しく低下させ、見た目も良くありません。地養豚は、木酢液による体質のアルカリ化と海藻中の粘液多糖類の働きにより、しっかりした筋繊維と細胞結合が生まれることでアクは極端に減少します。

※ 地養素は農研テクノ株式会社の登録商標です。
※ 地養豚の商標を含むブランドコントロールは株式会社技研食品にて管理しております。